新着情報

2019.05.14

その他 , BLOG

大町市の花「カタクリ」

大町市の花に指定されている「カタクリ」の花は、雪解けと共に春を告げる花としてこの時期
私たちを楽しませてくれます。

カタクリの花は太陽が昇り花に陽が当たると開き始め沈むと閉じます。その可憐な姿は開花が始まってから
わずか2週間程度、写真に収めるには晴れて陽の当たる日と限られるので群生地には沢山の人が訪れます。
花の高さは10㎝程しかないため、北アルプスをバックに撮影するには地面に張り付いて撮る必要があり、
カメラ愛好家の方々は低い角度から狙っている姿をよく見かけます。

文字通り「片栗粉」の原料として使われていたものですが、採れる料がわずかな為近年ではジャガイモや
サツマイモのデンプンが使われていますね。

現在中信地区では大町市を含め「信州花フェスタ2019」を開催しており、お得な特典付プランをご用意して皆様のお越しをお待ちいたしております♪

宿泊プランはこちら
↓↓↓↓↓
信州花フェスタ開催記念☆<黒部ダム>往復チケット+クアプール利用券など7つの特典付き!【1泊朝食】  

鹿島槍ヶ岳とカタクリの花